脱メタボ!健康とダイエットを考えるブログ

健康な体づくりをしたい、健康的なダイエットをしたいと考えるグループによる、
健康とダイエットについての情報や意見を出し合うブログです。
<< メタボリックシンドロームとは? | main | 糖尿病は生活習慣病の一つ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    メタボマン 実践講座(プロローグ)
    0
      さあー、始まりました。 メタボマンのメタボ改善実践講座です。

       では、最初に私のプロフィール。いえいえ。
       40歳過ぎのもうすでに腹回り90cm台のメタボまっしぐら男です。

       でも、これから10年後、20年後メタボが原因で病気になり
       回りの者に迷惑かけてはいけないと、心機一転!メタボ改善に励む事にしました。 

      では、第一回のメタボ改善実践講座を始めます。 

      そもそも、メタボとは、正式にメタボリックシンドロームの略だそうだ。
       メタボリックシンドロームについては、先のmikaさんの記事を参考にしてください。

       私もご多分に漏れず、2年前の会社の健康診断で腹回り85cm以上で
      「予備群」に 該当された。

       そして、今年の4月、保健士さんより特定保険指導をうけました。

       内容は、現在の生活習慣、食生活を聞かれ、これから改善していくために
       なにが必要かご指導をいただいた。

       食生活については、カロリーの多い食材は避け、野菜中心の食事に改善を求められた。

       それから、運動も今自転車で通勤しているが、それも続けて
      さらに 週末、子供とサッカーしたり、ジョギングしたり体を動かすことも必要との事でした。 

      もっとも、重点をおかれたことは毎日の体重を管理してくださいとの事だった。

       毎日、風呂に入る前に体重計にのってその日の体重をチェックする。

       さらに、その日に食べた食事のメニューもメモ書きをしておくようにとの事。

       家にパソコンがあるから、エクセルに日付けをつけてその横に
       その日の食事(朝・昼・晩)と体重を記入することにした。

       前の日の体重から今日の体重を引いた値を自動計算で横につけておいたら
       ちょっとでも減ると励みになります。

       そうすることにより、どういう食事が体重が増え、ほかにどんな食事をとれば 
      体重は減っていくか人それぞれのパターンがわかるそうだ。

       ちょっと前のレコーディングダイエットかな。

       これは、なかなかたいへんだった。 

      毎日、同じことをするという習慣がなかった私には、 一週間もすると、
      忘れることがおおかった。

       体重もそれほどかわらず、記録をつけていても励みにはならなかった。 

      そんな、しょげているメタボマン。

       でもそれから、あることをして6月の健康診断にはマイナス3kgを達成するのです。 

      それは、次回の実践講座でお話しましょう。        by メタボマン
      | メタボマン 実践講座 | 03:17 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 03:17 | - | - |
        コメント
        コメントする









        レンタルサーバー業者