脱メタボ!健康とダイエットを考えるブログ

健康な体づくりをしたい、健康的なダイエットをしたいと考えるグループによる、
健康とダイエットについての情報や意見を出し合うブログです。
<< 猫背は矯正できる? | main | トクホの緑茶飲料で健康維持 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    パソコンと肩こり
    0
      昨日のつかさんの記事でもありましたが、長時間パソコン仕事を触っているとどうしても疲れというか痛みが出ますよね。

      私もほぼ毎日仕事で8時間パソコンと向き合っています。

      職場で疲労防止に出ている話題をご紹介します。

      まずブルーライトから目を守るパソコン眼鏡のJINS-PC

      掛けている人増えましたね。かけた人は目が楽になったと言っています。

      同様にパソコンのモニタの色調調整をいじって青の輝度を落としている人もいます。
      目の疲れには効果的だそうです。
      液晶でディスプレイは従来のモニタより青色の光が強くまた減衰しずらいので網膜に負担をかけるようです。

      私は全般的に輝度を落として使用しています。また色温度を低い設定にしています。
      明るすぎると疲れが出やすいです。

      次にモニターの高さの調整

      モニターアームがいいですね。目の高さに正確に合わせられるし、用途によって距離を自由に変えられるので、細かな作業をするときは近く、それ以外は少し離して使用するなど前かがみになったりするのを防げます。

      今の会社では使用できないのできないのでダイソーの発泡ブロックの上にモニターを置いて高さを調整しています。 これでも前屈みにならないので良いですよ。

      キーボードの肘の角度を考えて椅子の高さを調整しましょう。
      モニターの高さが合っていないと椅子で調整しがちですが、そうすると腕が不自然な角度になり肩こりになりますね。

      あとは体操 人間の集中力は持って90分と言われています。休憩をこまめに取り体操しましょう。

      一番大事なのはちょっと考え事したりしてパソコンの画面を見る必要が無い時は意識して視線を外しましょう。 モニタを睨みつけるのは疲れるだけですよ。
      ちょっと手をえるだけで、疲れが大きく違いますよ。
      皆さまの快適なパソコンライフを。
      (あ)でした
      | ちょっと気になること | 21:31 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:31 | - | - |
        コメント
        コメントする









        レンタルサーバー業者